前へ
次へ

腰痛症の原因を聞きましょう

今を生きる人の多くが『腰痛』を訴えています。その原因も色々で、椎間板ヘルニアであったり、腰部筋痛症などが一般に知られているのではないでしょうか。腰痛症は、発症と痛みの特色が分かれば、原因を推理するのも容易いようです。発症で考えてみれば、潜行的か突然か、あるいは継続期間から推理します。発症の多くは、捻ったりする捻挫、屈曲位でのくしゃみで痛めることがあります。腰痛症となる痛みの性質から考えてみれば、もっとも痛い部分は腰のどのあたりなのか、痛みはいつもあるのか、広がっていく痛みなのか、という内容から推理します。医療関係者いわく、一般に、腰痛症は明らかな先天性や後天性の変化がすぐに証明されないそうです。多くが、腰部の痛みだけで、単なる腰部の軟部組織の圧痛、または運動痛だといいます。それ以外では原因が捉えにくい症例が非常に多いようで、明確な診断結果を得たいならば、第三者(医師)にも意見を聞きましょう。

Page Top